よくあるご質問

よくあるご質問とその回答をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

コースについて

英語が初めての子どもでも大丈夫ですか?

英語初心者のお子さんでも問題なくスタートできます!

英語を初めて習う子さんでも安心してスタートできます。TLCフォニックスのゴールは英語を正しい発音で読む力を身につけることです。綺麗なネイティブ発音で英語を読む力を身につけるためにフォニックス学習は不可欠です。特に英語を学び始める時に正しい発音に触れることによって、その後の学習が効率的に進められるようになります。バイリンガル教育経験豊富なTLCフォニックス認定講師がサポートに当たりますので、どうぞ安心してご利用ください。

小学3年生の子どもです。どのコースからスタートすべきでしょうか?

英語の読み書きを習っていないお子さんはビギナーからスタート!

小学校で英語授業が開始されたことに伴って、家庭でも英語学習に取り組む保護者が増えています。ただ学校で学ぶ英語は「コミュニケーション重視」であることを理解しましょう。本当に使える英語力を身につけるには「英語の読み書き力」を育てることが必要です。小学生であっても英語の読み書きを習っていないお子さんは「ビギナーコース」からのスタートです。ビギナーコースではアルファベットを正しい発音で読む訓練に加えて、英語を理解する上で必要な生活単語を学びます。これらの発音を身につけることで、英語の本を流暢に読む土台を構築することができます。

英語歴2年の5歳児です。どこからスタートすべきですか?

アルファベットの「音」を認識していないお子さんはビギナーからスタート

お子さんがアルファベットの正しい音(ABCDE=アブクドエ)を認知できているのであれば「インターミディエットコース」からスタートできます。英語歴が2年あっても、文字の認知ができなければ「ビギナーコース」からのスタートです。TLCフォニックスは幼児英語教育で身につけた知識を「リーディング力」へとつなげるための教材です。幼児英語教育を実践している子どもの多くは、身につけた英語知識や発音を「リーディング力」へ発展させることができずに英語学習を断念してしまいます。幼児英語を本当に使える英語力へと引き上げるには英語のリーディング力を身につけることが不可欠です。ぜひTLCフォニックスで英語の本をスラスラ読む力をお子さんに与えてください!

TLCフォニックスでどの程度英語ができるようになりますか?

英語ネイティブの小学1〜2年生レベルの本が読めるようになります!

TLCフォニックスの全コース(30ヶ月)を終了すると、ネイティブの小学1〜2年生レベルの本が読めるようになります。ここから先は子どもの好きな本を「多読」することによって高度な英語力を身につけていくことができます。親の仕事は子どもの興味にあった英語の本を買い与えることです。子どもはいつでも、どこでも、いくらでも、英語の本を読むことで英語力を自学自習で向上させていけるようになります。長期的視野で見れば「リーディング力の育成」ほど経済的かつ効率的な学習法はありません。お子さんがリーディング力を獲得できるように、TLCフォニックスの認定講師がきちんとサポートいたします。安心してお申し込みください。

お問合せ・お申込みについて

お申込み前に色々と相談したいけど、どうしたらいいの?

無料相談をご予約ください

当社はお申込み前の方向けにメールによる初回相談を無料で行っております。フォームに必要事項を記入の上、送信いただければ、お子さんの英語教育の進め方やゴールについて、バイリンガル教育の専門家が回答いたします。その初回相談で、生徒さんのお悩みや状況をお伺いし、今後どのように進めていくかご提案させていただきます。

スタート後の相談や質問には答えてもらえますか?

スタート後はバイリンガル教育の専門家から指導を受けられます!

TLCフォニックススタート後にはバイリンガル教育経験豊富な専門家がアドバイザーとなり相談に回答します。お子様の英語教育を成功させるためのメンターとして、どんな質問にも丁寧に回答いたします。それぞれの家庭環境や将来の目標に合わせて適切なアドバイスを専門家から受けられるのはTLCフォニックスだけです。

どんな人が対応してくれるのですか?

TLCフォニックス認定資格を持ったバイリンガル教育のプロが対応します

当社は資格を持たないスタッフや指導経験が浅いスタッフが担当することはありません。全てのスタッフはバイリンガルの子どもを育てた経験、あるいは自身がバイリンガルとして育った経験を有しています。またTLCフォニックスの認定講師としての研修を受けております。そのため、生徒さんのお悩みや疑問をスピーディかつ適切に解消できます。

TLCフォニックス無料トライアルのお申し込みは
「お問い合わせフォーム」で受け付けております